野菜を摂るために

野菜は低カロリーでビタミンが豊富なので積極的に取り入れたい食材ですが、野菜を摂るためにはどうしたら良いでしょうか。

 

野菜サラダはヘルシーですし、レストランに行くとサラダの種類もいくつかあり手軽に野菜が摂れます。

 

大人が1日に摂取した方が良いとされる野菜は350g以上だと言われています。
そのうち緑黄色野菜は120g、きゅうりやなすなどの淡色野菜は230g摂取した方が良いと言われています。

 

しかし、1日350g以上の野菜を摂るって結構大変なことなのです。
サラダにするとボール1杯分くらいになってしまうので、結構な量になってしまいますよね。

 

サラダに使うドレッシングやマヨネーズなども塩分や油分などカロリーが高いものもあるので、摂りすぎに気をつけたいものです。
味噌汁やスープなどの汁物にすると野菜のかさは減り、食べやすくなります。

 

とはいっても毎日たくさんの食材で食事を用意するのは、用意する側としても大変なことです。
1日30品目が理想的、と言われていたこともありましたが、なかなかそうはいきません。

 

30品目使ったとしても、毎食毎食考えるのは辛いですよね。

あくまで栄養補助

そこで、補助的なものとして、野菜ジュースやビタミン剤、
サプリメントなどの健康食品で補うことも良いでしょう。

 

ただし、そればかりに頼ってしまい、野菜を食べなくてもいいやと思ってしまうのは間違っているので、
あくまで補助的な役割だということを覚えておきましょう。

 

基本は、たくさんの種類の野菜を食事で食べるということが大切です。