ターンオーバーってなに?

「ターンオーバー」という言葉をご存知でしょうか。
CMで聞いたり、雑誌の化粧品の広告で目にしたことがある人も多いでしょう。

 

ここで言う「ターンオーバー」とは「肌の新陳代謝」のことを指します。

 

一般的に、肌のターンオーバーの周期は28日と言われています。

 

しかし、年を重ねていくにつれて、このターンオーバーの周期が開いてきてしまうのです。

 

ターンオーバーの周期が開いてきてしまうと、肌がたるんできたり、くすんでしまったり、しみの原因にもつながりかねません。

様々な原因でターンオーバーの遅れに繋がる

加齢の他に、ストレスを感じたり、栄養バランスの良い食生活が出来ていなかったり、十分な睡眠が取れなかったりすることも、ターンオーバーの周期が開いてしまう原因になります。

 

ターンオーバーを促進するには、いくつかのポイントがあります。

 

1つはバランスのよい食生活ですが、特にたんぱく質を多めに摂取することです。
意識してたんぱく質を取り入れましょう。

 

それから、十分な睡眠を取ることもポイントです。早寝早起きを心がけましょう。
また、体を動かして汗をかくことも、ターンオーバーの促進に必要です。

 

それから、肌をたっぷり保湿することも大切です。
きちんとケアをすればそれだけのものが返ってきます。

 

健康的な毎日を送るためには、すべて当たり前のようなことだと思いますが、それがなかなか出来なかったりしますよね。「ダイエットは明日から〜」というCMがありましたが、明日と言わず、美肌を保つために、健康のために、ステキな体作りのために、今日から出来ることをしましょう。

肌の新陳代謝を上げるためには基礎代謝を上げよう!

基礎代謝という言葉を聞いたことがありますか。
最近では体重計で基礎代謝を計測出来るものもあります。

 

ターンオーバーと同じような意味ですが、
基礎代謝というのは、人間が生きていく上で最低限必要なエネルギーのことを言います。

 

基礎代謝が高い人は、エネルギーを消費しやすく、基礎代謝が低い人はエネルギーを消費しにくいため、そのエネルギーが脂肪に変わってしまうようです。

 

人間は加齢に伴い、基礎代謝が低下してきます。
そして俗にいう「中年太り」が発生します。

 

若い頃と同じように食べていても、エネルギーが消費しにくい為に脂肪に変わり太ってしまうのです。中年太りは痩せにくいのが特徴です。
ですから、基礎代謝を上げなければいけません。

30過ぎたら続けたい!基礎代謝を上げるために

しかし、基礎代謝を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。
それには高たんぱく、低カロリーのバランスの良い食生活と、適度に筋肉をつけることが必要です。

 

また、女性は冷えのせいで血行が悪くなりがちなので、体を冷やさないようにすることもポイントです。

 

年を取ると、若い頃と比べて運動する機会が減ってきて、楽をしてしまう傾向にありますよね。
積極的にウォーキングをしたり、毎日軽く体を動かすと代謝も上がります。

 

自転車をやめて歩いてみるとか、エスカレーターを使わないで階段を使ったり、1駅手前で降りて目的地まで歩いて行くなど、スポーツジムに行かなくても、今すぐ出来ることはたくさんあります
代謝を上げて中年太りに負けないよう、太りにくい体を作りましょう。