美白したい!美白に有効な成分って何?

美白化粧品を選ぶのに、一番気にしたいのは成分です。

 

やはり効果が感じられて、お肌に負担のかからないものが、理想的です。

 

一番有名な成分としてあげられるのが「ビタミンC誘導体」ビタミンCは美白成分として有名です。
化粧水や美白美容液に含まれていることが多く、その他食事などから体内に取り入れる事によっても美白効果があると言われています。

 

化粧水などの成分表にはビタミンC誘導体と書かれていない場合があり、リン酸アスコルビルやパルミチン酸アスコルビル3Naなと表記されています。

 

美白以外にも、ニキビ対策やアンチエイジングにも効果的で美しいお肌を手に入れる為の必須アイテムとされています。

 

ビタミンC以外にも厚生労働省認可の美白成分があります。

 

最近、ブームになったのがコウジ酸。麹を扱う職人さんの手が白くてきれいなことから発見され、美白成分として使用されるようになりました。

 

プラセンタエキスも人気の高い成分でチロシンキナーゼの活性化を阻害しシミなど原因をなくしてくれます。美容液によく含まれている成分で、胎盤から抽出された成分です。

 

その他、トラネキサム酸・マグノリグナン・アルブチン・ルシノール・エラグ酸・リノール酸など。覚えるのにも苦労しそうな厚生労働省が認可した美白成分が多くあります。

 

新しく、美白成分の配合されている化粧品を使うのであれば、少し面倒でも、成分表を見てどんな成分が含まれていてどのように効果があるのかをしらべてから使用すると効果的です。
そして、すぐに使用をやめないでしばらく使ってみることも大切です。